フロアコーティングはマンションでもしておくべき

室内

良い業者の探し方

メンズ

フロアコーティングの施工をする場合、重要なのは業者選びです。まずは価格に振り回されすぎないように気を付け、複数の業者の施工相場やサービス内容をよく比較してみましょう。また、業者といっても専門に施工を行っていない場合もあります。専門業者で、実績がある、信頼のおける業者選びがおすすめです。

床の素材に合うものを

室内

資産価値の維持のためにも

マンションは、各住戸が隣接していることから、戸建て住宅と比較すると開口部が少なめとなっています。なおかつ鉄筋コンクリート造なので気密性が高く、屋内での湿度が上昇しがちです。そのことからマンションでは、床を湿気から守るためのフロアコーティングが盛んに行われています。フロアコーティングとは、床に水分を通しにくい塗膜を張るという室内工事で、これにより床では、湿気によるカビやシミを防ぐことができるのです。見た目の美しさと衛生状態とが保たれるということですから、マンションの資産価値を維持するためにフロアコーティングを業者に依頼するという人も多くいます。ただしマンションの床は、階下に物音が響くことを防ぐために、防音性の高い柔らかな素材で作られていることがあります。そのためマンションのフロアコーティングでは、塗料を厳選することが肝心となっています。というのも、柔らかい素材の床にガラス系塗料などで頑丈な塗膜を張ると、防音性が十分に発揮されなくなる可能性があるからです。しかしウレタン系やシリコン系など、柔軟性のある塗膜を形成する塗料を使用した場合は、床の防音性はその後も発揮され続けます。逆に、大理石や御影石などの、硬度が高い素材が使われている場合には、ガラス系塗料によるフロアコーティングが適していると言えます。硬度が一層高くなる上に、光沢がより美しく見えるようになるからです。このように、適した塗料で施工することで、マンションでの暮らしは一層快適になると言えます。

床を傷や汚れから守る

フローリング

実に多くの種類がフロアコーティングにはあります。UVは特に耐久性が優れており、加えて耐熱性なども高くなっています。シリコンは耐薬品性や撥水性が高く、床が滑りにくくなるので、子どものいる家庭に向いています。ガラスは最も硬度が高く、傷が付きにくいのが特徴です。

いくつかのタイプがある

フローリング

フロアコーティングは、床が傷つかないように保護する目的や、美しさを保つ目的などで行うものです。フロアコーティングには、UVやウレタンなどいくつかの種類があり、それぞれで効果や掛かる費用は異なります。UVタイプが一番品質と費用が高く、ウレタンタイプが一番コストが掛からず行えます。